税金について①

イエステーション安城店スタッフブログ

税金について①

2020年10月20日

イエステーション安城店の長谷川です。

今回は、「不動産を取得したときにかかる税金」について

簡単にお話します。

まず。どんな税金がかかるか???

・印紙税(国税)・・・・売買契約を結ぶときには契約書を作成しますが、このときにかかるのが印紙税です。

 

・登録免許税(国税)・・土地や住宅を取得すると、自分の権利を明らかにするために登録をしますが、このときにかかるのが登録免許税です。

 

・不動産取得税(地方税)・・土地や住宅を買ったり、住宅を新築、増築したときには、不動産取得税の対象となります。 

 

・所得税の住宅ローン控除及び投資型減税(国税)・・・税金は納めるのが通例ですが、中に はもどってくるものもあります。それが住宅ローン控除及び投資型減税という所得税の特別控除です。取得したときという範疇ではありませんが、現在住んでいる住宅の増改築とか、省エネ改修工事とかバリアフリー改修工事を行った場合、耐震改修工事を行った場合、多世帯同居改修工事等を行った場合の税額免除も所得税の税額控除ということでここで説明してあります。

 

・贈与税(国税)・・・・住宅を取得する際に、親や親戚の人などから資金の贈与を受けたときには、贈与税の対象となります。

 

・相続税(国税)・・・・相続や遺贈によって、土地や住宅などの財産を取得したときには、相続税の対象となります。

 

これらの税金については、特定の場合には税金が軽減されます。

           (※令和2年度 あなたの不動産 税金は?から引用しました。)

不動産を購入する際には、このような税金プラス他にも、諸経費がかかります。

 そのための資金計画をします。お気軽に営業スタッフまでお問い合わせ下さい。

 

※次回、税金について②を投稿いたしますので、お楽しみに!

             

HPには物件満載です。

https://www.nais-co.com/

フリーダイヤル

0800-200-9788

この度のリニューアルに伴い、会員サイトが新しくなりました。
ログインには、新しい会員IDとパスワードが必要となります。
これまでのイエステーション会員の方々には、大変お手数をおかけいたしますが、パスワードの再発行をお願いいたします。
登録物件数

会員586

一般363

ページのトップへ戻る